心療内科の有名な専門医に相談【辛い症状に対応してくれる】

チェックする前のポイント

事前準備と対象者を把握

カウンセリング

ストレス診断を会社など団体で受ける場合、まず実施前に会社で内部規定を設けておきます。いきなり実施するのではなく、受ける側の社員などに実施することを伝えてくこともポイントです。実施する体制づくり、診断結果の扱い方などを十分検討して定めたうえで実施しましょう。実施は1年に1回以上が望ましいとされています。定期健康診断と同様に定期的に行いますが、ストレス診断の場合は受診する義務はありません。対象者は期間雇用ではない従業員です。ただし、1年以上雇用されることが決定していたり、更新を経て1年以上雇用されている人は対象となるので注意が必要です。パートやアルバイトでも社員との労働時間の差があまりなく1年以上勤務している人は対象者となります。会社で作成したストレス診断チェック表を用いて、雇用者などがストレス診断をすることはチェックしたということにはなりません。実施するのは医者や保健師、専門の看護師に精神保健福祉士といった専門職の人です。実施の結果をまとめたり記録する事務作業もすべて任せることになります。特に人事関係の仕事をしている社内の人間には、事務のサポートさえもしてはならないことになっているので気を付けましょう。診断結果は直接労働者に個別通知することになっています。その結果を本人が会社に伝えるかどうかは本人の意思によります。勝手に結果を持ち出したり強制的に回収することはできません。同意を取り付けてから結果を把握するようにしましょう。

会社で行うこともある

ハート

仕事がストレスでうつ病になる人が多くなっています。そこで、多くの会社ではストレス診断を行うこともあります。これは精神科や心療内科の医師に協力をしてもらい、専門科に診てもらうことで各人がストレスを抱えているのか判断するというものです。自覚症状がなくても、ストレスを抱えている人は居るものなので、受けてみる価値はあります。もちろん、会社でストレス診断を行ってくれるのならとても楽です。費用も会社持ちとなることが多いからです。一方、個人的にストレス診断を受けるとなると、わざわざ精神科や心療内科を受診することになります。初診料と診断料とで、数千円はかかることになります。この点は科によっても違ってくるので、事前に調べておきましょう。それから、できるだけリラックスした状態で臨むことをお勧めします。緊張している状態で受けると、既にストレスがかかっていることになるからです。また、ストレス診断の内容は精神科や心療内科によって異なることがあります。医師と対面して話をすることもあれば、質問項目がたくさん書かれている用紙に回答していくという形もあります。どちらにしても、きちんと回答しましょう。そうしないと正確な診断ができません。もし、このストレス診断によって治療が必要な状態になっていることが分かったとしたら、早急に治療に臨みましょう。早い方が状態も早く改善します。それに重篤化する前に治療を開始した方が有効的です。

状態の把握と対策

顔を覆う人

不安を強く感じるようになったり集中できなかったりと、常にモヤモヤしている人が増えているといわれています。気が付いたらというケースが多いため原因不明のまま過ごしがちですが、ストレスの可能性が高いことから、対策は早急に検討しなければなりません。放置することで心の深い部分にまでダメージが浸透し、私生活だけでなく仕事や勉強に影響がはっきりと表れてくるからです。しかし、自分自身が理解できないうちに行動するのでは不安が募りますので、まずはストレス診断を受けてみると良いでしょう。ストレス診断のポイントは自己で済ませられるような簡単なものではなく、心療内科や精神科のクリニックに足を運ぶことです。専門的な知識で状態を把握するのも大切ですが、かかりつけの医師と出会うきっかけづくりも目的のひとつとなるでしょう。悩んでいるときに相談先があるという安心感が得られますので、不安が不安を呼ぶようなマイナスの連鎖が避けられます。ストレス診断によって原因がある程度判明した次のステップは、スポーツや生活習慣の修正など解消方法の取り組みです。ここで押さえておきたいポイントは人それぞれという点にあり、例えばスポーツで発散できる人もいればそうでない人もいます。クリニックでストレス診断を受けていれば併せて相談できますので、症状が軽いと感じていても医師に相談するべきでしょう。心療内科や精神科は全国各地に存在し、メンタルクリニックと呼ばれることもあります。