心療内科の有名な専門医に相談【辛い症状に対応してくれる】

似ているけど厳密には違う

違いは身体疾患と精神疾患

ウーマン

病院には様々な診療科があり、その中には心療内科と精神科もあります。この2つの診療科は東京にも数多くありますが、双方では取り扱う病気が違いますので、受診する際は留意が必要です。先ず心療内科ですが、こちらは心身症の取り扱いが専門になります。心身症は体に感じる疾患を指しており、主に心因的な原因で体に不調を招くことが特徴です。例えば体に異常を感じていながら、検査をしてもどこも悪い部分はなく、それでも体の調子は悪い、といった場合は心療内科に受診することになります。また、ストレスが原因で体を壊したり、あるいはストレスを感じていなかった頃は異常がなかったという場合も、心療内科の取り扱いです。それに対して、精神科は文字通り、精神疾患を専門に扱う診療科になりますので、不安やイライラや幻覚など、心に表れた症状や、心の疾患を治療する時に受診します。つまり、心や生活環境、もしくは過去の体験などが要因でありながら、何らかの身体的な疾患を伴う場合は心療内科で治療を受け、精神疾患のみで身体的は疾患を伴わない場合は精神科で治療を受けることになるのです。ただし精神科でも、不眠症や総合失調症などにより、体調を崩すことも少なくありませんが、精神疾患が主因なら、精神科が担当することになります。東京でそれらの症状を治療する場合は、双方の違いを把握して、正しい診療科を受診しましょう。しかしながら、東京の個人病院などでは、心療内科と精神科の両方を取り扱っている所もありますので、どちらか迷った場合は、そのクリニックへ訪れるのも良いでしょう。ところが、精神科と掲げると患者が通いにくいという配慮から、心療内科としている場合もあるかも知れません。ですから東京で心療内科を受診したい場合、両方の診療科を掲げている所へ通う際は、どちらがメインの病院なのか、予め確認するのも得策です。

体の健康を害する前に

男の人

現在心の悩みを抱えている方が多くなっています。このようなストレスが体の健康まで害してしまう場合がありますので、おかしいなと感じた場合、心療内科を受診してはいかがでしょうか。東京では保険適用でカウンセリングを丁寧に行っているクリニックもあります。ただ心の問題は目に見えないため、どのような場合受診すればいいのか、わかりにくいです。体調が悪い場合、まず内科を受診し、そこで症状が改善されない、また何度もぶり返すようなら心療内科を受診するというのもひとつの方法です。ご自分でストレスを自覚している場合は初めから心療内科を受診したほうがいいでしょう。東京では心療内科のクリニックがたくさんありますのでネットなどで探して受診するのをお勧めします。では、どんな症状があった場合、受診した方が良いのでしょうか。最近疲れやすい、なんだか不安だ、ネガティブな思考が2週間以上続くときなど本人が心が辛く困っている時はうつ病などの可能性もあります。精神的に不安定な状態でも、自然に改善したり改善方法が自分で分かっている時などは様子を見ていても大丈夫ですが、改善の方法が見えなかった場合は受診をお勧めします。東京ではネットや電話で相談できたり、予約も出来るクリニックがあります。他にも気分が不安定になることで生活に支障が出ている場合は、早めに受診したほうがいいでしょう。仕事を欠勤している、家に引きこもっているなど日常生活を送ることが困難な場合、早めの受診をお勧めします。東京の心療内科クリニックは夜間や祝日に対応しているところ、女性にお勧めの女医さんがいるところなどありますので、自分に合ったところを探すことができます。

精神やこころの医療機関

腕を広げる人

心療内科や精神科は、うつ病や総合失調症など、こころの病気を治療するところです。特に心療内科は、こころの病気が引き金となり、胃潰瘍や気管支ぜんそくなど肉体の病気が引き起こされた時に、健康を取り戻してくれます。精神科に行くべきか心療内科に行くべきか悩む人も多いですが、厚生労働省は両者を同じものとしています。初めて自分のこころの声を聞いてみたいと思った場合は、どちらを受診しても良いでしょう。心療内科での治療でとても大切なのは、カウンセリングです。あってはならないことですが、初めて受診した時に患者の話をあまり聞かず、一方的な診察をして薬を処方するような医師とは信頼関係を築くことは出来ません。こころの声はそう簡単に聞こえるわけではなく、カウンセリングで様々なことを話しながら、じっくり診断をしていく必要があります。すぐに病名が出るようなものではないため、診断するだけでも非常に時間のかかる行為なのです。心療内科や精神科では、医師と患者とが一緒に病気を理解し、解決法を探すのが治療であり、薬はそのサポートでしかありません。そうした意味では、カウンセリングこそが治療そのものであるとも言えるでしょう。話すのも辛い精神状態のため、最初は苦痛も伴いますが、そこで諦めずに時間と労力をかけてひとつひとつ理解していく必要があります。東京にはとてもたくさんの心療内科がありますので、地域に良いクリニックが無い場合には東京で探すのも一つの手段です。東京には多くの人や組織が集まっているので、こころの摩擦も多く、そうした病気に対する治療実績の豊富な医師も多いのが事実です。どちらを受診しても構いませんが、東京ではほとんどのところが予約制なので、まずは公式サイトなどを調べて予約メールや予約電話をすると良いでしょう。